お知らせ

「厚労省からの災害時における授乳の支援並びに母子に必要となる物資の備蓄及び活用について」の連絡が届きました

災害時における授乳の支援並びに母子に必要となる物資の備蓄及び活用についての周知依頼について

謹啓 時下益々ご清栄のことと拝察申し上げます。また、日頃より本会事業の推進に格別なるご高配を賜り深く感謝申し上げます。

さて、内閣府男女共同参画局総務課、厚生労働省子ども家庭局母子保健課より、「災害時における授乳の支援並びに母子に必要となる物資の備蓄及び活用について」の周知依
頼が届きました。

そのポイントは、「ライフラインが断絶された場合においても水等を使用せずに授乳できる乳児用液体ミルクを母子の状況等に応じて活用することと、平時から育児用ミルク
及び使い捨て哺乳瓶や消毒剤等の授乳用品などの母子に必要となる物資の備蓄を進めておくように」との依頼です。詳細は、厚生労働省からの依頼文をご参照ください。

貴会会員の先生方への周知につきまして、よろしくお願い申し上げます。

公益社団法人日本産婦人科医会
会長 木下勝之

事務連絡(PDF)

子宮頸がんワクチンを考える ~公開フォーラム福岡~

『HPVVフォーラム』

「子宮頸がんワクチンを考える ~公開フォーラム福岡~」(PDF:ご案内・申込書)

日時:2019年11月3日(日) 14:00~17:10
場所:ヒルトン福岡 シーホーク


  1. 知っておくべき子宮頸がんのこと
  2. HPVワクチンの積極的推奨差し控えの弊害を低減するために 求められること
  3. HPVワクチンの有害事象を考える
  4. 子宮頸がんワクチン副反応症例・実情について
  5. 福岡県立大学看護学部学生ディスカッション

  1. 産業医科大学 産婦人科教授 吉野 潔 先生
  2. 大阪大学産婦人科 講師 上野 豊 先生
  3. 福岡看護大学基礎・基礎看護部門基礎・専門基礎分野教授 福岡歯科大学医科歯科綜合病院予防接種センター長 岡田 賢治 先生
  4. 九州大学 麻酔科助教授 前田 愛子 先生
  5. 福岡県立大学看護学部教授 松浦 賢長 先生

なお、旅費等は自費でお願いします。よろしくお願いします。

風疹ワクチン第5期定期接種推進と抗体検査について

会員ページに追加しました

令和元年9月22日、日本産婦人科医会地域代表全国会議(東京)の主要報告の一つに風疹ワクチンの件がありました。(別紙参照)
先生方には、すでによくご存知の事と思いますが、来年の東京オリンピックを控え、医会としても風疹の撲滅を、目指しております。
妊婦取り扱い施設を対象に、再度ご連絡させて頂きました。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

医会の紹介ページを追加しました
  1. 岡山県産婦人科医会は、約145名の産婦人科医師で成り立っています。
  2. 医会は、6部に区分されていますが、全ての部が協力しながら事業を進めています。
  3. 皆様に特に関連ある本年度の事業には、次の様な事項が有ります。
  4. これらの事業計画の成果や到達度につきましては次年度に報告の予定です。

今後も岡山県産婦人科医会のホームページへのアクセスをお待ちしています

「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関す る法律」 の施行について(協力依頼)

通知等一覧】

旧優生保護法一時金協力依頼

(資料1) 「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」の施行について(協力依頼)

( 別添1・2 )様式

(別添 3)リーフレット

(別添 4)法律関係資料 法律関係資料 法律関係資料

(追加) 都道府県受付・相談窓口一覧

(参考 ) 旧優生保護法による手術等を受けた方へ(厚生労働省ホームペジ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/kyuuyuuseiichijikin_04351.html

› 続きを読む